身長アップ・マニュアル

背が伸びる方法に関して色々な情報がありますが、真実を調べていきます。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

三種類のホルモン 

 背を伸ばすためには、「成長ホルモン・甲状腺ホルモン・性腺ホルモン」が関わっています。

 身長だけでなく、体を成長させるためには、この三種類のホルモンは絶対に必要です。

 一番必要なのは、当ブログでも何度か紹介している成長ホルモンです。

 詳しい説明は省略しますが、研究した結果、成長ホルモンが骨にある軟骨芽細胞に増殖を促すことがわかっています。

 そのため、成長ホルモンが不足してしまうと、低身長になる恐れがあります。

 それほど成長ホルモンの分泌は大切ですが、これだけでは背が高くなりません。

 甲状腺ホルモンは、軟骨芽細胞などの働きを活発にさせる効果があります。成長ホルモンだけでなく、甲状腺ホルモンも分泌されないと、骨は成長してくれません。

 また、思春期になると分泌量が増える性腺ホルモンも、成長ホルモンと一緒で背を伸ばす働きがあります。

 性腺ホルモンの分泌量が多くなるために、思春期になると、背が大きく伸びるわけです。

※思春期になると性腺ホルモンだけでなく、成長ホルモンの分泌量も上がります。

 逆に性腺ホルモンがあまり分泌されないと、思春期が来なくなり体が成長しにくくなり、結果として背が伸びません。気をつけてください。

 上記で紹介した三種類のホルモンが、一つでも欠けてしまうと伸びにくくなってしまいます・・・。

 できるだけ、適度の運動・適切な栄養素・ストレスの軽減など規則正しい生活をして、三種類のホルモンが分泌されやすい体質にしていきましょう。


関連記事
背が大きく伸びる時期


基礎知識 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。