身長アップ・マニュアル

背が伸びる方法に関して色々な情報がありますが、真実を調べていきます。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

睡眠中に効率良く成長ホルモンを出すための注意点 

 背を伸ばすための要素に、睡眠があります。睡眠中は、背を伸ばすために必要な、成長ホルモンが分泌されやすいからです。

 そのため、背を伸ばしたい人や子供の背を伸ばしたいと思っている親御さんは、できるだけ睡眠時間を確保できるようにしてください。

 しかし、一つだけ注意する点があります。

 それは、寝る前に食事を取らないことです。夜食に限らず、人間は食事を取ると、体中の血糖値が上がります。

※血糖値とは、血液に入っている糖分の濃度のことです。

 血糖値が上がると、睡眠中に分泌される成長ホルモンの量が下がります。そのため、背が伸びにくくなってしまうのです。

 さらに、食事をしてからすぐに寝てしまうと、起きているときよりも食べ物から栄養素を多く吸収していまうため、太りやすくなってしまいます。

 太ってしまうと、さらに成長ホルモンの分泌量が下がる悪循環になってしまいます。また、肥満になると、体勢が悪くなるなど、体の成長に悪影響を与えます。

 睡眠中の成長ホルモンの分泌量を下げないために、できれば寝る前の二・三時間前から食事をしないことをお勧めします。

 もし、夜中にお腹が減ってしまったときは、朝まで我慢してください。

 どうしても、お腹がすき過ぎて眠れない場合には、少量のチーズや牛乳など、血糖値があまり上がらない食事を取ってください。

 ただ、できれば夜食はやめて、早く起きて朝食をしっかり食べた方が、体の健康には良いです。

 早寝・早起きを実践して、背が伸びやすい体になりましょう。

関連記事
睡眠不足解消生活


身長と睡眠の関係 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。