身長アップ・マニュアル

背が伸びる方法に関して色々な情報がありますが、真実を調べていきます。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

背が伸びにくくなる運動 

 背を伸ばすためには、運動はかかせません。しかし、どんな運動でも、すれば良いというわけではありません。運動には、背が伸びやすい運動と、背が伸びにくい運動があります。

 今回は、背が伸びにくい運動を紹介していきたいと思います。

 まず、地面方向に負荷がかかる運動は、背が伸びにくくなります。小・中学生ではやっている人は少ないと思いますが、バーベルを持ち上げる重量挙げは、背が伸びにくくなります。

 他にも、人間を背負うスポーツの柔道などがあります。

 また、膝に負担がかかる運動も背が伸びにくくなります。具体的には、マラソンやスクワットなどです。少しぐらいであれば問題ありませんが、過度のトレーニングは絶対にやめてください。

 あと成長期の筋肉トレは、行わない方が良いです。筋肉は重いため、体が常に重い物を背負っている状態と同じになり、地面方向に負荷がかかり、背が伸びるのを邪魔します。

 特に、プロレスラーになりたい人は、子供の頃から筋肉トレーニングをしたがりますが、我慢するべきです。

 体がしっかりと成長する20歳ぐらいから筋肉トレーニングをすると、一番効果的です。我慢するのも立派なトレーニングの一つです。

 逆に身長が低い方が有利なジョッキーなどを目指す場合は、できるだけ背が伸びにくくなる運動を行った方が良いです。

 将来の目標に向かって、自分が背が伸びる運動を行うか行わないかを決めてください。

※紹介した運動は背が伸びにくくなるだけです。人間には個人差があり、背が伸びにくくなる運動をしても、全く関係なく背が伸びる人もいます。

 背が伸びる要素は、運動だけではなく、食事や睡眠などが関係しているからです。

 もし、食事や睡眠を改善しても、思春期に背が伸びないようであれば、意識して背が伸びない運動をしないことをお勧めします。


身長に関する運動 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。