身長アップ・マニュアル

背が伸びる方法に関して色々な情報がありますが、真実を調べていきます。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

成長ホルモンを注射 

 成長期が終わり大人になってしまうと、身長が伸びなくなります。もし、伸ばしたい場合は、どうしても手術に頼る方法しかありません。

 今回、紹介する手術は、他の身長を伸ばす手術に比べると、意外と簡単に行うことができます。

 それは「成長ホルモンを注射」することです。

 体に成長ホルモンを投与すると、年齢にもよりますが、20代であれば3センチから5センチぐらいまで身長が伸びる可能性があります。

 成長ホルモンを注射すると、身長だけでなく筋肉が発達したり、シワが減少するなどの効果も期待できます。

 成長ホルモンは、週三回から五回ぐらい、自分で注射するため、正確にいうと手術ではないかもしれませんね。

 しかし、問題もあります。医学の進歩で成長ホルモンの値段が下がってきましたが、それでもまだ高いです。

 しかも、成長ホルモンを注射する場合、保険がきかないため全額自分で払わなければいけません。

※病気の治療目的で、成長ホルモンを注射するときは、保険がきく場合があります。詳しくは、専門の先生に相談してみてください。

 そして、副作用の問題もあります。成長ホルモンはもともと体の中にある成分なので、副作用の心配は少なくてすみます。

 ただ注射によって、頭痛がおこったり動機やめまいをおこす人もいます。

 絶対に副作用がないとは、言い切れません。

 低身長で悩んでいる子供であれば、成長ホルモンの注射を考えても良いですが、大人の方はよほどの覚悟がないかぎり、あまりお勧めしません。


身長を伸ばす手術 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。