身長アップ・マニュアル

背が伸びる方法に関して色々な情報がありますが、真実を調べていきます。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ストレス 

 健康的な生活をするためには、ストレスは一番の敵です。もちろん、背を伸ばすためにも、できるだけストレスを溜めないようにしてください。

 精神的・肉体的ストレスがかかると、視床下部の働きが悪くなり、成長ホルモンなどの分泌が減ってしまうからです。

 そのため、風邪を引いたり便秘をした場合でも、体にストレスがかかり背が伸びにくくなる可能性があります。日々の体長管理も、体を成長させるには絶対に必要です。

 ストレスと身長の関係について、面白いデータがあります。

 両親がけんかばかりしていたり、親の離婚・再婚を経験した子供の身長は、平均と比べると低くなるという研究結果があります。

 両親のけんかを何度も見たり、離婚・再婚を経験した子供は、過度なストレスがかかり体が早く大人になろうとしてて、思春期が早く来てしまいます。

 思春期が早く来てしまうと、背が伸びる期間が短くなり、結果として低身長になってしまいます。

 また、虐待を受けた子供も、低身長になる可能性がとても高いです。しかし、過度のストレスを受けて、情緒が不安定になってしまった場合でも、やさしく接することで成長ホルモンの分泌が正常に戻ることもあります。

 家庭環境は、子供ではどうにもならない場合が多いのです。そのため、この記事を読んでいる子供がいる親の方は、くれぐれも気をつけてください。

 両親のけんかだけでなく、子供に完璧を求めすぎて塾や習い事をたくさんさせることも、ストレスの原因になります。また、しつけとして、色々と文句を言うのも同じです。

 子供の教育は、なかなか難しいですね。

 運動・栄養・睡眠も背を伸ばすためには必要ですが、一番大切なのは親の愛情だと思います。

 子供がすくすくと育つことのできる環境を作るのは、とても大変なことだと思いますが、頑張ってください。

関連記事
背が大きく伸びる時期
三種類のホルモン


スポンサーサイト
基礎知識 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。