身長アップ・マニュアル

背が伸びる方法に関して色々な情報がありますが、真実を調べていきます。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

骨延長手術 

 骨延長手術とは、旧ソビエト連邦のイリザロフによって考え出された方法と言われています。そのため、骨延長手術の別名は、イリザロフ法と呼ばれています。

 骨折などで、骨に対して引っ張る力が加わると、骨折した部分に新しい骨(仮骨)が作られます。

※仮骨とは、水あめみたいなやわらかい骨のこと

 その仮骨がだんだんと固まっていき、普通の骨になります。しかし、仮骨が固まる前に、さらに骨を引っ張ります。すると、引っ張って空いてしまった場所に、また仮骨が作られます。

 同じように何度も骨を引っ張って、仮骨を作っていき、身長を伸ばす方法です。この手術によって、個人差がありますが、毎日約1mmも伸び、五センチから十センチぐらい身長を伸ばすことが可能となります。

 ただ、とても難しい手術です。一番初めに、足を故意に骨折させなければなりません。通常は、医者の人がノミなどで綺麗に骨折させてくれます。それから、骨を引っ張る器具をずっと付けなければなりません。

 もちろん保険などきかないため、高額の医療費がかかります。海外に行って手術すれば、少しは安くすむ場合があります。

 問題点はそれだけではありません。治療には長い時間がかかり、骨の引っ張る器具を一日中付けていなければならないため、衛生面も気を付けなければいけません。

 はっきりいって、身長を伸ばすためだけに、骨延長手術を行うのは、お勧めしません。手術をするには、それなりの覚悟が必要になってきます。

 医療目的であっても、医者から手術内容について十分な説明を聞き、本人もしっかりと理解してから行ってください。

※骨延長手術は足だけでなく、腕でも可能です。


スポンサーサイト
身長を伸ばす手術 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。